オレンジグランプリ通信
オレンジグランプリ2006に関する情報を発信します。 参加者の方は定期的にチェックしてください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレグラで栄光を勝ち取れ!!
ういっす!まちゃかです。

いよいよ皆さんお待ちかね(?)オレンジグランプリで上位に食い込む為に必須となりつつあるノウハウを伝授しちゃいます。

ただ、コレをやったから勝てる!ってモノではありません(笑)ので、その点はあしからずご了承くださいね~。

それでは始めます。
全体的な傾向として…ギャップが多いながらも基本はフラットなオレンジサーキット、そこに比較的ローパワーなモーター制限が加わるオレンジグランプリでは、参加者は一様にギア比を上げ気味で来ます。

前期だけの内容で話を進めると、指定されたモーターの中でもダントツでGTチューンが主流でした。
スピードでは絶対的に有利なスポーツチューンも指定モーターに入っているのに何故か!?
恐らくコレはメンテが出来るため性能を維持しやすいというのが主な理由だと思われます。
実際にまちゃかsanがGTチューンを用いる理由もソレですしwww

後期からは最近発売されたばかりのダートチューンモーターも指定モーターの仲間入りを果たします。コレもメンテが可能なので、投入してくる猛者がいると思われますが、果たしてその効果は!?
まちゃかsanは個人的に注目しています。

で、GTチューンでギア比の傾向としては…8.5~7.5前後ですかね?
※DT-02シャシはギア比を2種類しか選択出来ないので、キツイモノがありますが…逆に言えばみんな条件が同じなんで、チキチキが楽しめますwww

参考として、まちゃかsanが前期参戦時に使用したスパー/ピニオンを書いておきます。
DF-02シャシ:67/22(最終減速比7.92)
DF-03シャシ:61/23(最終減速比8.10) 78/29(最終減速比8.21)

次に足周り…は各人でポリシーがあるし、マシンの性格もあると思うので一概には言えませんが、基本的にはグリップ確保とギャップをキレイに吸収する動作を第一に考えます。
ただし、細かい土が路面に多く浮いていた為、基本的にはオーバーステアな挙動を見せがちです。
なので参加者の足回りを見ると、ほとんどと言ってイイくらいリアはOPのソフトなバネを導入しています。フロントはソフト~ハードまで様々ですが、コレは恐らく弱アンダーな挙動を求めての試行の結果だと思います。
サスガにオイルの番手やピストンの穴数まではわかりませんが…

こればっかりは…これ以上の説明のしようがありません。スンマセン。

※ちなみにタイヤは、ある程度指定されている中から選択しますので、ほぼイコールだと考えます。


こんな感じでは参考になるかまったく不明です(^^ゞ
が、少しでも多くの皆さまにオレンジグランプリに参加して楽しんでもらいたいと考えていますので、取りあえず書いてみました。

それでは、オレンジサーキットでお待ちしています(^.^)/~~~
スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 オレンジグランプリ通信 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。